債務整理(借金整理)について

債務整理(借金整理)について

 

借金に関する法律相談

    • 借金が多くて困っている…
    • どれだけ返済しても元本が全く減らない…
    • 過払金が発生しているような気もするが…
    • 借金の取立てが厳しくて困っている…
    • 借金の返済に追われて毎日の生活が厳しい…
    • 弁護士に相談したいけどブラックリストに載ってしまいそうで怖い…

このような方は、当事務所までご連絡下さい。

債務整理とは

債務整理によるお悩み解消

私達弁護士が皆様方にご提供できる法的手段の中に「債務整理」というものがあります。

債務整理は、借金を整理する方法であり、今皆様が抱えている借金返済や取立の悩みは債務整理により解消できます。

また、詳細は後記しますが、債務整理によってブラックリストに載ってしまうことによる生活上のデメリットは然程多くはありません。
ですので、悩んでいる時間があればすぐに当事務所までご連絡下さい。

債務整理をためらわないで

多くの方は、生活が苦しくてやむなく借金をしてしまった、事業のために借入れをしたが事業が上手くいかなかった等、様々な事情の下で借金・借入れを行われたものと思われます。

貸金業者の中には、「借りたお金は返せ、債務整理は許さない」などと言うことがあります。

しかし、債務整理は法律が認めている債務者に与えられた権利であり、債務整理を躊躇う理由はありません。

また、貸金業者は、営業としてお金を貸しその利息により利益を上げているわけですから、貸金のプロです。

ですので、当然、融資をする上で一定の範囲の債務者が債務整理に着手する可能性があることも想定すべきなのです。

したがって、債務整理を躊躇う必要はなく、借金の返済で生活が苦しいなどといたお悩みをお持ちの方は、迷わず弁護士に相談して下さい。

弁護士に相談する時期

ご相談に来られた方の中には、弁護士に依頼していわゆるブラックリスト(信用情報機関)に載ってしまうのではないか、または、職場の人に知られてしまうのではないかなど、生活する上で不都合なことがあるのではないかと悩んでなかなか弁護士に相談出来なかったという方がおられます。

確かに、債務整理を行うと一定の間ブラックリスト(信用情報機関)にその旨の情報が記載されてしまいます。

しかし、ブラックリストに載ってしまうことの大きなデメリットはせいぜいクレジットカードの審査が通らない場合が多いといったことだけであり、ブラックリストから職場の方や会社に対して情報が漏洩することはありません

詳しくは「債務整理の種類とメリット・デメリット」を参照して頂ければわかりますが、いずれにしても、債務整理によるデメリットは皆様がお考えになられている程大きなものではありません。

借金を整理し新たな人生を切り開いていくため、借金に関するお悩みをお持ちの方は、出来るだけ早い段階で弁護士に相談して下さい。

債務整理の方法  

債務整理には、次の3つの方法があります。

①任意整理

②民事再生

③自己破産

といった主に3つの手続です。
また、既に払い終えた借入れに対しても、払い過ぎた利息を返還請求できる過払金返還請求という手続も存在します。

債務整理をするとどうなるの?

いずれの方法による場合でも、債務整理の手続き依頼後より、支払や取立も直ちに止めることができます。
これは、法律により、弁護士の受任通知到達後は債権の取立てが禁止されているからです。

貸金業法第21条第1項9号は

債務者等が、貸付けの契約に基づく債権に係る債務の処理を弁護士若しくは弁護士法…(以下この号において「弁護士等」という。)に委託し…た場合において、正当な理由がないのに、債務者等に対し、電話をかけ、電報を送達し、若しくはファクシミリ装置を用いて送信し、又は訪問する方法により,当該債務を弁済することを要求し、これに対し債務者等から直接要求しないよう求められたにもかかわらず、更にこれらの方法で当該債務を弁済することを要求すること」を禁止しています。

つまり、弁護士からの受任通知到達後の取立てが明文をもって禁止されているのです。

なお、各債務整理の具体的な方法、メリットやデメリットは、「債務整理の種類とメリット・デメリット」をご参照下さい。

 

お問い合わせはこちら

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 石田法律事務所 All Rights Reserved.