遺言・相続業務について

遺言・相続業務について

 

相続に関するトラブル

・相続人の範囲や相続分について親族間でトラブルとなっている
・遺産が不動産だけしなかいので遺産分割協議でトラブルとなっている
・一人で親の面倒を見たのに相続分が同じというのはおかしいと主張したい
・親が離婚しており、前妻の子と後妻の子の間で相続トラブルが発生している
・被相続人の兄弟姉妹との間で相続トラブルが発生している
・内縁の妻との間で相続トラブルが発生している
・親の会社の株式の分割に関して相続トラブルが発生している
・裁判所から遺産分割協議の申立書が届いた

このような方は当事務所までご連絡下さい。

近年増加する相続トラブル

相続問題なんてうちは関係ない、相続問題に関してこのような考えの方はとても多いと思われます。

しかし、相続が始まって、身内でトラブルになる事は非常に多く、相続トラブルは近年増加傾向にあります。

また、身内のトラブルは一度こじれてしまうととても厄介で、相続トラブルにずっと苦しんでおられる方も大勢いらっしゃいます。

このような相続トラブルは、遺産の額、遺留分の問題、遺言の有効性など、非常に複雑で困難な問題がつきまといますので、自分たちだけで解決するのは時間も手間もかかり、とてもストレスフルでもあります。

そのため、相続トラブルが発生したら、迷わず相続の専門家である弁護士に相談することをおすすめします。

 相続トラブルを回避するための遺言

上記のように、相続に関するトラブルはとても多いのが現状です。

このような相続トラブルを事前に回避するための手段として遺言というものがあります。
「遺言の種類と特徴」参照)

もっとも、ご本人様だけで遺言を書くとなると、例えば、相続人の遺留分を侵害してしまい、かえって、紛争を惹起してしまったり、遺言の方式が法律に違反しており、無効になってしまう危険性もあります。

そのため、事後的な紛争を回避しつつ、有効な遺言を書くためには、法律の専門家である弁護士への依頼が最も確実で安心な方法です。

特に、以下のような場合には相続トラブルに発展しやすいので、事前に遺言を書いておくことをおすすめします。

    • 遺産が不動産だけしかない
    • 夫婦の間に子供がいない
    • 再婚をし,先妻の子と後妻がいる
    • 長男の嫁に財産を分けてやりたい
    • 内縁の妻がいる
    • 個人で事業を経営したり、農業をしている
    •  各相続人毎に承継させたい財産を指定したい

 

お問い合わせはこちら

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 石田法律事務所 All Rights Reserved.