離婚•男女問題の弁護士費用(平成29年11月1日改定)

2017-01-10

離婚•男女問題事件報酬規定

 

不貞慰謝料請求

1 交渉

(1)  請求をお考えの場合

ア 着手金=15万円(離婚に至る場合には離婚事件の費用に準じる)

イ 報酬金=経済的利益の16%(原則)

(2)請求を受けた方

ア 着手金=15万円

イ 報酬金=経済的利益の16%(原則)

2 訴訟

(1)   請求をお考えの方

ア 着手金=32万円−15万円=17万円の追加

イ 報酬金=経済的利益の16%(原則)

(2)請求を受けた方

ア 着手金=32万円−15万円=17万円の追加

イ 報酬金=経済的利益の16%(原則)

離婚事件

1 協議離婚

(1)   着手金=25万円

(2)   解決時報酬金=25万円+経済的利益の16%(旧日本弁護士連合会報酬規定に準じる)

2 調停離婚

(1)   着手金=38万円(成立日を除く期日出頭5回まで。但し、協議離婚から引き続いてご依頼されている場合には25万円を差し引き致します)

(2)6回目以上:追加着手金5万円〜10万円程度

(3)   解決時報酬金=38万円+(基本)経済的利益の16%(旧日本弁護士連合会報酬規定に準じる)

3 離婚訴訟

(1)   着手金=45万円(但し、調停から引き続いてご依頼されている場合には38万円を差し引き致します)

(2)   解決時報酬金=45万円+(基本)経済的利益の16%

4 日当

別途協議

以上

 

ページの上部へ戻る

Copyright(c) 2014 石田法律事務所 All Rights Reserved.